手放すと楽になる

Scroll down. You can read in English.
誰でも、絶対に必要だと思うものがあるでしょう。
例えば、当然ですがお金や住むところは必要です。
必要な物リストを作るとたくさんありますね。
その中のどれかを諦めなければならなくなったら、
どうしますか?
それはあなたの心の中では絶対に必要なものです。
誰かがそれを奪おうとしたら、泣き寝入りしますか?
何が何でも手放さなくても済むように頑張りますか?

 吉本新喜劇にはヤクザがよく出てきますよね。ヤクザはお店が持っている土地の権利などを奪おうとします。吉本のお芝居の中では、いつもハッピーエンドになりヤクザが負けるように台本が展開していきます。しかし、実際にやばそうな人達に自分の権利が脅かされたらどうしますか? 

 人間は、諦めることができるようになるためには、ある程度のプロセスが必要になるのではないかと思います。私も自分の権利を泣き寝入りして諦めようと思ったことがあります。しかし、あまりの不条理さに諦めきれず、戦いました。

 あらゆる手を尽くして、力の限り、いや寿命が縮まる位頑張ったのですが、相手からの攻撃によって命の危険を感じるようになり、手を引きました。私の権利を奪い取った人達は、勝ち誇ったように平然と私の権利の上に胡坐をかき、何とも思ってない様子です。私の周囲にいた人達も見て見ぬ振りをしていました。自分の命が危なくなるから知らんぷりです。警察も弁護士も何の役にも立ちませんでした。

 ここまでくると、人間はやっと諦めることができます。手放したものを補うために他の物を使って生活しています。命が危険にさらされると、殺されるよりマシだ、という感覚になり、やっと執着していたものを手放すことができるのです。

 諦める物にもよりますが、何も努力せずに諦めるのは非常に難しいと思います。やるだけのことをやってもダメだったら、初めてそこで諦められるのです。執着を絶つとかなり楽になります。我慢するのは辛いけど、捨てちゃえばスッキリですしますよ。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

手放すと楽になる・If you dispose of something, you feel so much better.

Everybody has what they need absolutely. For example, we need money and a house to live of course. There are many things on our wish list. What will you do if you have to give up keeping one you need? It is the thing that you need in your heart. Can you give up and accept the situation when someone tries to take it by force? Or will you resist someone so that you don’t have to lose something?

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 You know that lots of Yakuzas frequently appear in the Yoshimoto sinkigeki. A Yakuza always tries to deprive the store owner of the right to use the land or something. The scenario unfolds toward the happy end, and a Yakuza loses. But what will you do if dangerous people try to invade your right?

 I think the process is necessary for us to give up something. I also have tried to be compelled to accept the absurd situation. But I couldn’t take the terrible situation, so I decided to fight.

 Trying every means available, with all my might, no, losing a few years of my life, I fought and fought and fought. But I came to feel the crisis of my life and stopped the fight. People who deprived me of my right seem to think nothing of their dirty crime to sit on my right calmly and triumphantly. People around me also fed me to the lions because they didn’t want to endanger their lives. Both the Police and the lawyer were of no use.

 Now that I have done everything I can, I think humans could give up something. I live on using another thing to compensate for something instead of what I lost. Life being at stake, most people think that losing the right to something is better than being killed, and they can throw away what they were obsessed with at last.

 Depending on what we give up, it isn’t easy to give up without effort. We can give up something for the first time after knowing that everything is useless. It will be so comfortable when we brake the adherence. It is hard to put up with something, but it feels good after throwing away something.

↓ I participate in the Japanese blog ranking. Click here. I appreciate your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA