『夜と霧』BY ビクトール・E・フランクル

Scroll down. You can read in English.
この小説は何十年も読み継がれてきたベストセラーです。
ガス室で大量のユダヤ人が殺害されていく中で、
最期まで生き残った医師が、
死と隣り合わせの人間の精神を分析し、
人間とは何か、について深く考察した物語です。
極限まで苦しむと人間はみんな同じかもしれません。
生き残るためだけの戦場で人間は大切な何かを失う。

 誰かが憎くて仕方ない人、将来が不安定で怯えながら生活している人、次々と襲い掛かってくる不運に負けそうな人、人間の苦しみは様々です。私達には想像もできないほどの苦難を生き抜いた人の物語を読んでみませんか。どんな環境の中にあっても、人間は心を自由に開放することができる素晴らしい生命体です。

 ガス室が設備されている収容所に送られるということは、死刑を宣告されたも同然です。労働に適さない弱い被収容者はそこで淘汰されていく。いつガス室が設備されている収容所に送られるか分からない状況の中で、耐えがたいほどの重労働を課せられると、人間は生き残るために他人のものを盗むのも平気になるという。命をつなぐための食事は、食べてもすぐに空腹に耐えられなくなるほど少なく、スープはほとんど水のように薄い。

 労働をさぼると監視員から殴る蹴るのひどい暴行を受ける。監視員もまた上層部の上司から被収容者を厳しく管理するように言われている。命令に背く者は即解雇となる。ブラック企業と呼ばれている現代の企業とは比べものにならない。著者は、被収容者の日常を、どんな言葉を使っても、経験のない人には分かってもらえないと述べている。

 監視員は被収容者を家畜のごとく扱い、罵声を浴びせ、重労働をさせるにはあまりにも少ない食事を与えた。このような状況の中で、被収容者は感情を失っていく。そして、被収容者にとって、生きていることだけがとてつもない贅沢となる。

 そんな悲惨な日常の中でも、著者には精神が満たされる瞬間があった。それは愛する妻の面影を思い出し、空想の中で妻と語り合うことだった。そして、普通の人には当たり前としか思えないほどのほんの小さな風景でさえも、感動の対象となることを知った。

 極限まで苦しんだ人間は、幸せ過ぎる人には見えない物が見えてくる。小さな恐怖から逃れることができるだけで神に感謝するようになる。混沌とした現代社会の中で私達ができることは、運命のなすがままに任せて目の前に展開している不運や、あるいはちょっとした幸運をありのままに受けいれることかもしれない。

 生きている者はみんな死にたくない。命がかかっている戦場でパンを奪い合うことは悪いことでしょうか? 収容者が命令に背くと殺される状況の中で、収容者を管理している人が上司の命令に従って労働者に体罰を与えることはいけない事ですか? もし自分が同じ立場にいたら、同じような卑劣なことをするかもしれない。そう思ったら、他人への憎しみが少しだけ薄らぎませんか? 人はみんな、与えられた遺伝子に従って生きているだけかもしれない。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

” Man’s Search for Meaning” By Viktor E. Frankl

Many people have read this book for decades to become a bestseller.
While many Jews died at the gas chamber,
the doctor who was alive to the last analyzed the human psyche.
This book is the story considering deeply about what human is.
All humans might be the same when they suffer to the utmost limit.
On the battlefield, to only survive, humans lose something important.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 People’s suffering varies. A person who can’t help loathing somebody, a person who lives in fear of the unstable future, is almost giving up due to the misfortune happening one after another. Don’t you read the book written by the person who lived through the terrible tribulation so that we couldn’t even imagine? Humans are beautiful creatures to liberate their minds, however challenging the environment is.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 Making the captive send to the camp equipped with the gas chamber is almost under sentence of death. The helpless captive not suitable to work are weeded out there. While they don’t know when they move to the camp with the gas chamber and work so hard that the captive couldn’t bear it, it is said that they have no issues with stealing other people’s things. The amount of food to make them alive is so few that they will be hungry soon. The soup is as thin as water.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 The observers punch and kick the captive when they get lazy about working. The observers also follow their bosses to instruct the workers strictly. A person who disobeys an order is instantly fired. The brutal way of their instruction is incomparable to nowadays rogue companies. The author said that it is impossible to make people without experience of the captive’s everyday life understand no matter what language he uses.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 The observers treated the captives like cattle, booed the worker, and gave them too little food to work extremely hard. During such a terrible situation, the captives were losing their emotions, and just being alive became an incredible luxury for the captives.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 Even in the terrible everyday life, the author had the moment to be mentally fulfilled. He remembered his wife’s image and talked with her in the imagination. And he knew that even the landscape typical for ordinary people could be the subject of emotion.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 Humans who have suffered to the utmost limit become able to see things that happy people couldn’t see. They come to thank God, however little fear we eliminated. It might be necessary to accept the misfortune or a little bit of happiness for us living in the chaotic modern society.

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 Every alive creature doesn’t want to die. Do you think stealing bread on the battlefield staking our lives is terrible? The captives are killed when they disobey the orders. Is it wrong that the observers give physical punishment to the captives following the boss’s order? If we were in the same situation, we might do despicable things. Why couldn’t we relieve our hatred for people we hate when we think like this? All humans might be just living following their genes.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I would appreciate your continuous support.
エッセイ・随筆ランキング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA