殺人出産 By 村田紗耶香

Scroll down. You can read in English.
殺人が犯罪じゃなくなったら、
どんな社会になるのでしょう?
この小説の中では、1人の人間から
10人の赤ちゃんが生まれるごとに、
誰かが命を落とす、という政策が実行されています。
人口を一定に保つために、
国の政策に貢献したとして、
死ぬことになった人も、
10人の赤ちゃんを産んだ人も、
英雄として称えられるのです。
そんな奇妙な世界をのぞいてみませんか?

人生を滅茶苦茶にされたり、酷いイジメを受けて自殺したり、世界は残酷な出来事で満ちています。この小説の中では、殺したい人を殺す権利をゲットするために、10人子供を産むという拷問に耐えなければなりません。将来的には、殺人の権利を得るために生まれてきた子供達が大半を占める世界になるらしい。死はいつも人間のすぐ近くにあり、人々は、今度は誰が殺されるのかと戦々恐々として生きています。小説の中に何度も現れるセミは何を意味しているのでしょうか。私達人間もセミとそんなに変わらない小さな存在なのかもしれません。誰かが死んでも、毎日朝日が昇り夕日が沈んでいく。脈々と流れる命のリレーは果てしなく続いていきます。土砂災害があっても、山が崩れないようにする対策や処理をして、すぐにまた、被災した土地に新しい家が建っています。聖書を読んでいると(私はクリスチャンではありません)、今と変わりなく殺人やイジメは6,000年前からあったのです。そんな世界で生きている私達は、なんといじらしく可憐な存在なのでしょう。生きているだけで丸儲けの極みです。小説はフィクションで、ありえない話しなのにどんどん引き込まれていき、一気に読んでしまいました。人間の五感に訴える表現が多く、色や香りを感じながら別世界にきたような不思議な錯覚を堪能しました。世界を、そして人間を、どう解釈していいのか分からなくなった人は、村田紗耶香さんの作品をお勧めします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

殺人出産 By 村田紗耶香・Murder and childbirth BY Sayaka Murata

 If murder is no longer a crime, how will human society be? In this novel, when one woman gives birth to 10 babies, she gets the right to kill one person. It is an excellent Japanese policy to keep a stable population. Both a person who gives birth to babies and a person killed is praised as a hero because they followed the Japanese approach. Why don’t you peep into the strange world?

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹 🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

 The world is filled with terrible accidents: people messed up their lives, suicide due to abuse of authority. In this story, they must bear with the suffering of childbirth ten times to get the right to kill one person. In the future of this story, people paid to give someone the right to kill someone will occupy most people. Death always exists close by everyone. They are living in fear and trembling, worrying who will be killed next time. What do the cicadas that appear many times in this story mean? We humans might be almost the same as cicadas. Even if someone dies, the sunrises and the sunsets. The relay of life flowing will be never-ending. Even though the landslide disaster happens, they dispose of the mountain to prevent sediment disaster. I see the new buildings stand there again soon. Reading the Bible(I am not a Christian)、Murder and bullying have always existed since 6,000 years before. We are living in such world. What lovely and innocent we are! Life is a gift in itself. The novel is fiction and nonsense, but why does the story attract us? I was drawn to this story and read this book through at one go. Filled with expressions appealing to the five senses, I enjoyed the mysterious sensation as if I were in another world feeling the color and the scent, etc. I recommend this book for people who become unable to what to understand the world and humans.

↓ I am participating in the Japanese blog ranking. Click here. I would appreciate your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA