『歎異抄をひらく』 BY 高森顕徹(たかもり けんてつ)

Scroll down. You can read in English.
「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」。
歎異抄という本の中で語られているこの言葉は、
親鸞の弟子の唯円が書いたものです。
善人が天国に行けるのですから、
悪人はなおさら天国に行ける、
という意味です。
なんでやねん? と思われるでしょう。
じゃ、悪いヤツらはやりたい放題だね!
と解釈してはいけません^^。

 私達はこの地球上で宇宙を支配する何者かに与えられた台本通りに生きているとしたら、どんな役を好むのでしょうか。誰でもかっこいい役をもらいたいですよね。でも、善悪混ざっているこの世界では、誰かが悪役を演じなければなりません。これは私の考え方ですが、犯罪者や病弱な人は、誰もやりたくない役を引き受けたから救われるのかな、と思ったりします。歎異抄では、人間は誰でも罪深く色んな人に迷惑をかけながら生きており、ほとんどの人が悪人であり、阿弥陀様は大慈大悲の存在で、悪人を救いたくて救いたくてしょうがいないお方のようです。また、阿弥陀様に救われて念仏する人は、一切が触りにならないそうです。困難や不幸が起こっても、不動心でいられるということでしょうか。小さなこと、例えば宿題を忘れて先生に叱られた、という程度のことなら立ち直りにそう時間はかからないと思いますが、事故で体が不自由になった、という現象に関してはそう簡単に立ち直れるものではありません。宇宙や大自然の法則を人間が理解できるわけがありません。この本にも、他力不思議の念仏は、言う事も説くことも想像すらもできない、人智を超えたものだと書かれています。アリが人間を理解できないように、人間は仏を理解することなんてできないのです。しかし、誰かに対する憎しみは、阿弥陀様が弱めてくれるような気がします。どんな人でも、誰かに迷惑をかけたことがあるでしょう。小さな罪から重大な罪まで阿弥陀様が許してくれているから、私達は今こうやって生きて生活できているのだと思うと、憎み続けた相手を哀れみの心をもって許せるようになるような気がします。

 この世界にあるものすべては常に変化しています。人間は変化するものでは満足できないようになっているのです。一時的な満足ではなく、永遠の満足を手に入れるにはどうしたらいいのか? 永遠に変わらない何かを発見するしかありません。脳が作り上げた幻想の世界から目覚め、愛に満ちた世界を探しましょう。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

『Open the Tannisyo』BY Kentetu Takamori.

“Zen’nin’na omote ojo su. Iwan’ya akunin oya.”
 Yuien, who is Sinran’s disciple, said this sentence in the Tannisyo. The ruling states that the good people can go to the heaven; even more, the wrong people can go to the heaven. Maybe, you will ask the god, why? Furthermore, you will understand the wrong people could do all bad things. You should understand this sentence correctly. If we lived in this world following a script that somebody, who controls everything in this world, gave us, what role do we want to play? Everybody wants to play an excellent position. Doesn’t he? But, in this world, which exists good and bad things, somebody must play the wrong role. Nobody would want to undertake the wrong part. I think that because a person receives an incorrect position, so they go to heaven. In this book, all humans are sinful and living troubling someone. That is to say, almost all humans are the wrong creatures, and Amidasama, full of great mercy, cannot wait to save bad people. Furthermore, people praying to Amida Buddha would think that everything does not bother them. It follows that even though we experience difficult situations or misfortune, we would keep imperturbability. For example, a trivial thing, an episode that the teacher scolded you because you didn’t do the homework, will not have so much time to recover your spirits. If you had a traffic accident and got physically handicapped, ii would be unable to recover so soon. I think that we humans will never understand the law of nature and the universe itself. According to this book, as for the Buddhist invocation, we couldn’t say anything, explain, and even imagine it because it is beyond human intelligence. As the ant cannot understand humans, so we cannot Buddha. But, I feel that Amida Buddha would weaken our hatred when we are upset and cannot forgive someone. Everybody is living bothering someone. From the trivial problem to the felony, Amida Buddha forgives us so that we can live in this world. If we live in this way, we might ignore the person who has bothered us with a compassionate heart.

Everything in this world shall be changing. We couldn’t satisfy with things that are changing. What should we do to get permanent satisfaction, not temporary happiness? We have no way, but we are looking for something that will never change. Wake up from the illusionary world that our brain built! Search the world full of love!

↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA