最も残酷な言葉__「絶対に」を否定文につけるとどうなるか?

すべてを破壊する言葉を
平気で使う人がいます。
肯定文に使うときはいいのですが、
否定文に使うと、
言われた方はかなりのダメージを食らいます。
「絶対に」という言葉を否定形で使うと、
「絶対に成功しない」となります。
かなりひどい言葉ですね。
このような言い方をする人は
おそらくサイコパスでしょう。

以前、相談者様から聞いた話です。
生活は困窮し、正社員で勤められる会社にもありつけず、
二つのバイトを掛け持ちしてなんとか生計を立てている人でした。
この方はユーチューバーを目指している人で、
もうかれこれ2年も動画を作っています。
しかし、Googleから広告を入れさせてもらうには、
あまりにもチャンネル登録者が少ないとのこと。
ブログでユーチューブを宣伝していますが、
日本ではブログを書くには、
プロバイダーやドメインの会社に登録して、
お金を払わなければなりません。
収益よりも経費のほうが高くつくため、
ほとんど儲かってないといいます。
それでも、試行錯誤して新しい作戦に着手しようと、
よい運気が巡ってくるのを待っているという。
辛い胸のうちを
ある電話相談窓口に聞いてもらったとのこと。
相談員は、相談者さんが置かれている立場には、
同情の念を示され、「たいへんですね」
と言いつつも、
「ユーチューバーなんてあなたには絶対に無理です」
と言われたそうです。
私は、相談者さんに
二度とその電話にかけないようにアドバイスしました。
良いに付け悪しきにつけ、
この世の中に「絶対」という言葉は通用しません。
未来のことは誰にも分からないのです。
相談者さんは、正社員の仕事に付けないため、
アルバイトを掛け持ちして生活費を稼ぎ、
ネットの世界ではどんなに収益が上がらなくても、
新しいやり方をプランして頑張っているわけです。
希望を捨てそうになっているのではありあません。
頑張る勇気をもらおうと思って
相談電話にかけたのだと思われます。
それなのに、予想に反して、
「あなたには絶対に無理です」
「パソコンで稼ぐ人なんて星の数ほどいる。
その中で芽が出る人はほんの一握り」
などと言われたそうです。
この相談員には、相談を受ける資格はありませんね。
こんな人が相談を受けているなんて信じられません。
もし、自己評価の低いウツ的な人が電話したら、
一発で自殺してしまいそうです!
言葉って本当に怖いです。
相談者さんはあっけにとられて、
何も言い返すことができなかったと言います。
言い返すとしたら、私ならこういいます。
「私が、絶対に無理なグループに入るというのは
どうして分かるのですか? 
私の作品をひとつも観ていないのに、
どうやって私には無理だという判定をくだしたのでしょう?
私のフォロワーは芸能人並みにかなりの数に達しています。
私のことを何も知らないのに、絶対に無理、なんて言葉を
使うのは失礼極まりない。
あなたこそ相談員をやめたほうがいい
と思います。あなたの言い方は、
苦しんでいる人の傷口に
塩をたっぷり塗りたくっているようなものです。」
今回の相談者様には、
無料相談なんてその程度のものなので、
外れくじを引いたと思って忘れるようにアドアイスしました。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA