不愉快なシチュエーション

先日、路上で突然車が止まってしまいました。
つい2~3カ月前にジャフに入っておいてよかったです。
ジャフで車を牽引しながらディーラーまで行きました。
アイドリングが維持できる装置の故障だと判明。
その装置を掃除したら直るかもしれないから、
まずは掃除して様子を見よう、と言われました。
問題になっているであろう装置を交換せず、
いつと止まるか分からない車に乗って帰る気になりますか?

車をディーラーに置いて帰ることにしました。
帰りに市内の交差点なんかで停まって、
またジャフや警察を呼ぶ羽目になるのはもうイヤですからね。
ディーラーのいう通りにやっていたら、
掃除するだけで、数千円の工賃を払うようになり、
さらに、直らなければ、また数千円の工賃を払う事になります。
工賃だけで一万円以上かかることになります。
一回で直してもらいたいですよね。
代車がないというので、タクシーで帰りました。
トヨタだったら、レンタカーに電話して
すぐに代車を用意してくれることでしょう。
三日後に、修理が完了したとの知らせを受け、
車を受け取りに行きました。
踏んだり蹴ったり、なんですが、
その日はあいにくの天候で、バスを下りたら、
10分くらい、みぞれのような雨の中を歩きました。
待合室ではいつも受付の女性がお茶を出してくれるので、
楽しみにしていましたが、その日は、全く何も出ませんでした。
他にも修理などを待っていると思われる男性が五人いました。
女性は、1人の男性のところにメニューをもって
好みのお茶を聞き、一旦さがって、再度お茶をもってきました。
私の前を二往復したのです。
私のお茶がないことに気付かないはずはありません。
明らかに、私にはお茶を出さない、という行為を
ワザとやっているのが丸わかりです。
代車も出さず、寒さをこらえて歩いてきたのに、
どうしてこんな嫌がらせをするのか理解に苦しむ。
その女性とはほとんど話したことがないので、
喧嘩もしていないし、原因不明です。
代車も出さない、
「止まってしまう」という恐ろしい現象が起こったのに、
掃除したたけで様子を見る、という
納得できないアドバイスをしてくるし、
受付の女性は私だけにお茶を出さない、
というかなり失礼な行動を平気でやるし、
もうこのディーラーでは車を買いたくなくなる。
ちなみに、パソコンで苦情を書くことができるコーナーが
ありましたから、メールを入れました。
それでも、まったく何の返事もありません。
以前、化粧品のボトルのフタに不具合があったとき、
ネットの相談窓口にメールをいれたら、
朝一番で真っ先に電話がかかってきました。
そこは化粧品メーカーでは超ブランドの店ですから、
すごいなと思いました。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA