今だから大金をゲットできるってどういうこと?

みなさま、こんにちは!

なかなかコロナが終息しないなか、今、世界中でいろんなことが起こっています。特に発展途上国では失業者が増え、治安が悪くなっています。先進国でも経済不況から自殺者が増えるのではないかと懸念されています。
世界中の人が、今、一番困っていることは何でしょう? それは、コロナに感染するのではないかという不安の中で収入を絶たれ、生活が困窮していること、または、これから困窮するかもしれないという不安です。
こんな時は、あちこちでブラックホールが口を開けていますから気をつけましょう。

 

喉から手がでるほどお金がほしい

日本はコロナが流行する前から不況であり、ブラック企業のようなところで働くよりも自分で起業したいという人が増えています。株や仮想通貨に手を出したり、一攫千金を狙っていろんなことにチャレンジしている人も少なくありません。自己投資すべきだ、という歌い文句は腐るほどあります。多くの人が、我も、我も、と自己研磨していると思いこんで大金を投資しています。
美味しそうなリンゴは本当は毒リンゴかもしれませんよ。もし、あなたが、物凄く儲かる仕事を発見したら、あるいは、物凄く儲かりそうな大発明をしたら、誰かに教えますか? ここが問題です! 自分が苦労してやっとたどり着いた手法を他人に伝授したい人なんていませんよ!
お金に困っている人を利用して自分が稼ごうと思っている人に注意しましょう。物資不足も同様です。「マスクを届けます」というウソのメッセージを出して詐欺行為をしている人もいます。このような不況の時には、人の弱みに付け込む人が増えるんですよ。




自然の流れに逆らわない

天災は避けられません。地震を食い止めることも、降ってくる大雨を止めることもできません。コロナも自然災害です。では、私達はどうしたらいいのでしょう? つらい現実を受け止めて、それに耐えることができるのであれば、もっと気楽になれる方法があるような気がします。
今、いろんな会社でマスクや防護服を作る取り組みがなされています。テレビで観たのですが、ヨットを作っていた会社も病院の防護服を作り始めたそうです。ピンチになった時には、どこかから救けの船がやってくるのかもしれません。倒産しそうになっても、他の製品を開発することで助かることがあります。会社に限らず、個人でもピンチになった時、よい情報をゲットできることがあります。私も、よかったぁ、と胸をなでおろしたことが何度もありました。不思議なことに、昔、無駄に時間をかけてやっていた馬鹿らしいことが、ピンチの時に強力な助っ人になることがあるのです。人生、塞翁が馬ですよ。ピンチの時こそチャンスが潜んでいます。でもね、良い情報と、怪しい情報を見分ける目を持っていたいですね。先日、ユーチューブを観ていて、かなりの稼ぎがある人がインタビューされる設定の広告がありました。ついつい最後まで観て、サイトのURLをクリックするところまでいきましたが、結局、どんな商売をして成功したのか全く書かれておらず、ただ、ただ、ひたすらに、「儲かる」と書かれていました。申し込みのボタンを押しそうになって、ふっと我に返ってぞっとしました。
何度も言いますけど、儲かることは人に教えたりしませんからね。自分でひっそりとやっちゃいますよ! 儲かるときがきたら儲かるようになっているのです。儲けられないときは、いくら頑張っても儲けられません。でも、儲けられない時に、どのようにしてその苦しい時期を乗り越えるかによって未来は明るく輝くのです。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA