コロナから学んだこと

みなさま、こんにちは!
ステイホームしていますか? 命を救うことが優先なので、みんなで我慢しましょう。悪いことが起こるのは、良いことが起こる前兆だという話を聞いたことがあります。今日は、自粛の中で私が学んだことを話してみます。

2020年2月某日 京都 丸山公園

体に負担をかけない生活

私は心に決めたことを徹底的にやる性格で、若いころは睡眠時間を削ってガムシャラに頑張っていました。有言実行の人で、まず、最初に「○○をやる」と人前で豪語し、常に自分に負荷をかけることで人生を駆け抜けてきました。幸せになるために、いつも何かを探求してきたわけです。しかし、今回のコロナ騒動で、持病のある人が死に至るケースが多いと聞き、無理は禁物だなぁ、と感じています。私は特にものすごい持病があるわけではないのですが、年齢的に体の衰えを感じ始めています。若いころの百折不撓のチャレンジ精神が、今でも時折、頭をのぞかせて私を奮起させようとしますが、昔の楽しかった思い出を振り返りながら、体を労わることが本当に大切だなぁ、と感じています。死んでしまったら、人間に与えられた五感をフルに活用して楽しむことができなくなりますからね。

 

お金の使い方を再検討

コロナのような自然災害は、いつどんな時に起こるか分かりません。どんな災害でも二次災害を引き起こす可能性があって、この度は、経済活動や人の精神状態まで蝕んでいます。順風満帆なときこそ気を引き締めて、いざというときにお金を蓄えておかなければなりません。私は衝動買いをすることはあまりないのですが、まぁ、このくらいはいっかぁ、と言って油断していると、いつの間にか赤字になることもしばしばありました。砂を詰め込んだ袋の底に空いた小さな穴から砂はどんどん零れていきます。今、私が使っているものをもう一度検討してみると、本当に必要なのかどうか疑ってしまうような物がありました。他の物で代用できるものなら商品を変更しようと思っています。その中のひとつに化粧品があります。コスメの値段って、あってないようなところがありますからね。私のナイトクリームは8000円もするんですよ。スーパーにあった3500円のクリームの試供品を試してみたら、これが結構いいんです。女性の方、コスメは高ければいいと言うもんじゃないと思います。これからのご時世は高いものは売れなくなると思います。安くて品質のよい物を選びたいものです。

 




私達のできることには限りがある

この世に起こる出来事には「間違い」はありません。以前、ノンデュアリティーに関する本の中で読んだことがあるのですが、すべての出来事は必然的に起こっていてパーフェクトだと書いてありました。そうかもしれない、と思います。Aの道に進もうか、それとも、Bの道に進もうか、と悩みに悩んだ結果、Aの道を選んで大変な目にあったとします。Aを選んだ人は、Bを選んでおけばよかったと思うでしょう。しかし、最初からAを選ぶということだけが存在していて、Bは存在していないのです。ただ選択肢としてBが存在していたように見えただけなのです。コロナに関しても、人の命を救うことを優先させれば、いろんな活動の自粛が必要になり、経済が衰退します。どこかを大切にすると、どこかが困ったことになる。逆に、私達の普段の生活を考えてみても、何かがうまくいっていない時は、他の何かがうまくいっているのです。例えば、極端な話ですが、女にモテなくて弱っている男がいたとします。モテないからガールフレンドに使わなければいけないお金もなく、自分のやりたいことに時間もお金も使えるわけです。その結果、ビジネスに成功したりもします。私達がベストを尽くす事柄には限りがあるのです。あれも、これも、と思うのではなく、目の前の問題をひとつ、またひとつ、と解決していくしかありません。やらなければならないことに優先順位をつけて、後回しにしてもいいことを頭から削除することが大切だと思うようになりました。

本当の幸せとは、どのようなものか、正直言って、私にはいまだに分かりません。金がすべてではない、ときれいごとを言う人をよく見かけますが、ほとんどの物がお金で買えるのです。私が思いつくのに、お金で買えないものは、「人間」「年齢」「余命」くらいです。20歳の年齢を買うなんてことはできないし、寿命を300歳まで買うなんてできませんからね。しかし、今、人々の幸せの基準が変化するときにさしかかっているのかもしれません。

コロナは、ほんとうの幸せとは何なのか、と、人類に質問を突き付けているのかもしれません。大変だったけど、いろんな事に気付くことができて良かった、と思えば、コロナで苦しんだ経験が未来の私達を救ってくれるでしょう。

 ↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA