南禅寺の不思議なお経

みなまさ、こんにちは!

南禅寺に行ってきました。禅寺の中では日本一高い格式を持っているそうです。風水的は形が、座禅や瞑想をするのに適している場所らしいです。また、新規事業を始める人や心機一転したい人が訪れると強烈なパワーがいただけるそうですよ。

今年はブログやユーチューブをもっとエンジョイしたいと思って行ってみました。到着すると、とたんにお経の声が聞こえてきて、まるで歓迎されているような気分になりました。神様、ありがとう。いや、神様じゃなくて仏様だね。宗派は臨済宗南禅寺派ということです。

 

教えに関しては、お経や文字を離れて座禅をすることによって、自分自身の内面を見つめ、自分の本性をよく見つめてみると、すべての人が仏であるということを体験としてつかむことができるという教えらしいです。この世に存在するもので仏ではない物は何もないという考え方は、ノンデュアリティーの考え方に似ています。

この写真は有名な水路閣です。フォトジェニックな場所としても有名ですよね。琵琶湖疎水の分線にある橋で、明治21年に完成。全長93.2メートル、幅4メートル、高さ9メートルのレンガ造りです。写真で見ても綺麗ですが、実際に見てみるととても壮観な眺めに感動します。

 

御経の声は、建物のせいか、とても神秘的に聞こえました。ちっぽけでクヨクヨした感情が吹き飛ばされるような感じがして、とてもいい気分になります。夜眠る時に、小さな音で聞いてみてください。よく眠れるような気がします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA