悪魔・the demon

みなさま、こんにちは! 今年もあと数時間になりました。みなさまにとってどんな一年でしたか? 今年もいろんなことがありましたね。政治家の相次ぐ汚職問題。北朝鮮問題。ノートルダム大聖堂の火災。台風による被害。自然の猛威の中で、人間はなんと無力なんでしょう。私達は枯れ葉の下で雨宿りするアリコみたいなものです。どんなに丈夫な建物も、神様からごらんになったら枯れ葉のようなもので、一瞬の内に吹き飛ばされるほど頼りないものです。この世には、絶対に確かなものや安全な場所はありません。例えば、数億円をかけて頑丈な家やシェルターを作れば、どんな災害からも免れられて安全だ、というのは、人間が作った概念でしかありません。逆に、築50年のボロ屋に住んでいるから災害が起こったらひとたまりもない、というのも概念です。災害が起こった時にどこにいるか、ということは誰にも分からないのです。もしかしたら、ボロ屋に住んでいる人が、たまたま頑丈な体育館でスポーツ観戦をしていて助かるかもしれないし、頑丈な家を建てた人が地震の時に地割れのする地面に立っているかもしれないのです。多くの苦しみは、過去と未来を考える時に発生します。そんなことをするよりも、今コタツの中でミカンの皮を剥いているその指の感覚、鼻に漂うミカンの匂い、コタツの中の足の温もりを感じてみましょう。身体が感じる「今」に集中する習慣を身に着けると、不思議と未来への悩みが消えるかもしれません。

今日は、芥川龍之介氏の「悪魔」を英訳してみました。ネガティブとポジティブは表裏一体。この世は陰と陽でできています。入口と出口。出現と消滅。始まりと終わり。人間は宇宙の性質をそのまま体や心の中に宿して生まれて来るのですね。日本語の原文も下の方に書いてあります。短い小説ですので、よろしかったら読んでみてくださいね。

来年もみなさまにとって良い年でありますように祈っています。

<翻訳・translation>

I hear that Urugan, who is a Christianity, can see the things nobody can see in his eyes. Mainly, he can see the shape of the demon that tempts people from hell vividly. —- Everybody that has seen Urugan’s blue eyes believed it. At least, among the early Japanese Christians who worshiped Deusu Budda in the Nanbanji-temple, it is the fact that nobody could doubt it.

According to the old manuscript, Urugan told the state of the demon that he saw at Kyoto in front of Nobunaga Oda. It was the strange creature with a human’s face, wings of a bat, and a goat’s legs. Sometimes, Urugan saw the demon dance clapping his hands on the nine rings that adorn the top of a pagoda; sometimes, he often saw the demon crouch under the room of Yotuyashimon by fears of the sunlight. That is not all. Sometimes he saw the demon cling to the back of the Buddhist priest or hangs on my wife’s hair.

Anyway, among these states of the demon, the most exciting thing for us would be the situation that the devil was sitting cross-legged on the princess’s hip. The author of the old manuscript understands that the story of the demon is the allegory. One day, Nobunaga fell in love with the princess and forced her to follow him. But, both the princess and her parents got no pleasure out of delivering Nobunaga’s hope. Then, Urugan discouraged Nobunaga’s violence by borrowing words from a demon. Now that things have come to this pass, it is not easy to decide the justice of this story. At the same time, this problem doesn’t bother us.

One evening, Urugan saw one devil sitting on the princess’s hip in front of the Nanban temple. My goodness, the demon has quite a beautiful face, unlike the other devils. Furthermore, look at his both hands and drooping head! The demon seemed to worry about something deeply.

Urugan constantly fretted about the princess. He thought that something unusual must have happened because the princess, whose parents are enthusiastic Christians, was fascinated by the devil. Then the demon approached her hip and caught the devil instantly without difficulty. And then, he brought the devil grabbing his hack hair to the sanctum of the Nanban temple.

In the inner room, the candle was lightening smoldering in front of the idle of Jesus Christ. Urugan made the demon sitting in front of him and asked strictly the details of the reason why he was on the hip of the princess.

“I tried to corrupt the beautiful princess. But at the same time, I didn’t want to damage her. Once he sees her pure soul, how could he stain her with the Hellfire? I tried to keep her soul clear and serene, whether willing or not. However, the more I think so, the more I want to corrupt her. Being unable to decide which ones are correct, I was thinking earnestly about our destiny on her hip. Otherwise, I would have hidden in the bowels of the earth before I see you and could not get caught in you. We always notice this. The more we don’t want to corrupt somebody, the more we want to do so. How could we find such a strange sadness like this?  Every time I taste the sadness this way, I feel like two things unite in my small breast: the cheerful light in the heaven that I found long ago and the darkness of the hell I’m looking now. Please pity me in this situation. I couldn’t stand being alone.”

The demon with a beautiful face shed tears, said like this.
The legend of the old manuscript has not found out what happened to him. But how could it have to do with us? When we read this story, we have only to feel appeal as follows.
 Dear Urugan. Be merciful to us with the demons. We also have the same sallowness as yours.

<原文>

伴天連うるがんの目には、他の人の見えないものまでも見えたさうである。殊に、人間を誘惑に来る地獄の悪魔の姿などは、ありありと形が見えたと云ふ、――うるがんの青い瞳を見たものは、誰でもさう云う事を信じてゐたらしい。少なくとも、南蛮寺の泥烏須如来を礼拝する奉教人の間には、それが疑ふ余地のない事実だつたと云ふ事である。

古写本の伝ふる所によれば、うるがんは織田信長の前で、自分が京都の町で見た悪魔の容子を物語った。それは人間の顔と蝙蝠の翼と山羊の脚とを備へた、奇怪な小さい動物である。うるがんはこの悪魔が、或は塔の九輪の上に手を拍って踊り、或は四つ足門の屋根の下に日の光を恐れて蹲る恐しい姿を度々見た。いやそればかりではない。或時は山の法師の背にしがみつき、或時は内の女房の髪にぶら下がつてゐるのを見たと云ふ。

しかしそれらの悪魔の中で、最も我々に興味のあるものは、なにがしの姫君の輿の上に、あぐらをかいてゐたと云ふそれであらう。古写本の作者は、この悪魔の話なるものをうるがんの風諭だと解してゐる。―――信長が或時、その姫君に懸想して、たつて自分の意に従はせようとした。が、姫君も姫君の双親も、信長の望に応ずる事を喜ばない。そこでうるがんは姫君の為に、言を悪魔に藉りて、信長の暴を諫めたのであらうと云ふのである。この解釈の当否は、元より今日に至っては、いづれとも決する事が容易でない。と同時に又我々にとっては、寧ろいづれにせよ差支へのない問題である。

 うるがんは或日の夕、南蛮寺の門前で、その姫君の輿の上に、一匹の悪魔が坐ってゐるのを見た。が、この悪魔は外のそれとは違つて、玉のやうに美しい顔を持つてゐる。しかもこまねいた両手と云ひ、うなだれた頭と云ひ、恰も何事かに深く思ひ悩んでゐるらしい。

うるがんは姫君の身を気づかつた。双親と共に熱心な天主教の信者である姫君が、悪魔に魅入られてゐると云ふ事は、唯事ではないと思つたのである。そこでこの伴天連は、輿の側へ近づくと、忽尊い十字架の力によつて難なく悪魔を捕へてしまつた。さうしてそれを南蛮寺の内陣へ、襟がみをつかみながれつれて来た。

内陣には御主耶蘇基督の偶像の前に、蝋燭の火が煤ぶりながらともつてゐる。うるがんはその前に悪魔をひき据ゑて、何故それが姫君の輿の上に乗つてゐたか、厳しく仔細を問ひただした。

「私はあの姫君を堕落させようと思ひました。が、それと同時に、堕落させたくないとも思ひました。あの清らかな魂を見たものは、どうしてそれを地獄の火に穢す気がするでせう。私はその魂をいやが上にも清らかに曇りなくしたいと念じたのです。が、さう思えば思ふ程、愈堕落させたいと云ふ心もちもして来ます。その二つの心もちの間に迷ひながら、私はあの輿の上で、しみじみ私たちの運命を考へて居りました。もしさうでなかつたとしたら、あなたの影を見るより先に、恐らく地の底へでも姿を消して、かう云ふ憂き目に遭ふ事は逃れてゐた事でせう。私達は何時でもさうなのです。堕落させたくないもの程、益堕落させたいのです。これ程不思議な悲しさが又と外にありませうか。私はこの悲しさを味ふ度に、昔見た天国の朗な光と、今見てゐる地獄のくら暗とが、私の小さな胸の中で一つになつてゐるやうな気がします。どうかさう云ふ私を憐んで下さい。私は寂しくつて仕方がありません。」

美しい顔をした悪魔は、かう云って、涙を流した。……
古写本の伝説は、この悪魔のなり行きを詳にしてゐない。が、それは我々に何の関わりがあらう。我々はこれを読んだ時に、唯かう呼びかけたいやうな心もちを感じさへすれば好いのである。……
うるがんよ。悪魔と共に我々を憐れんでくれ。我々にも亦、それと同じやうな悲しさがある。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。 

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA