くつろぎ

みなさま、こんにちは! 歳を取るにつれて人はいろんなものを捨てます。目は老眼になる。耳も遠くなる。美貌もなくなる。髪の毛も薄くなる。じゃあ、何もいい事はないのか、というと、そんなことはありません。子どもの学費を稼ぐためにせっせと働く事もなくなり、職場で嫌な人と毎日顔を合わせることもなくなります。歳を取ると人は「孤独」というレッテルをはった「自由」をプレゼントされるのです。

本日は、自分の周囲で発生しているいろんなことを楽しみながら見守っている人の姿を描きました。私達はゲームのキャラクターのようなものかもしれません。それとも、小説の中の主人公のようなものですかね。

 

もし、神様が

「はい、これがあなたが主人公になっている本です」

といって一冊の本をくれたら、

どんな生涯が書かれているのか読みたいですよね。

だって、神様がそう言うんですから、

気になります。

私達は小説を読みながら、

危機に瀕している主人公にドキドキします。

読んでいるだけなのにワクワクします。

私達が住んでいるこの世界は、

小説のようなものかもしれません。

もうすでに書いてあるのですから、

最後まで読んでみるしかありません。

自分で書き替えることはできないのです。

だから、

どうしようもないことが起こっても、

神様が書いたストーリーですから、

そのまんまのストーリーで完璧なんです。

そっくりそのまま受け止める以外に方法がありません。

もし、努力して新しい道が開けたとしたら、

神様がそういうストーリーにしているだけです。

私達は、

何かになろうとして頑張ったり、

何かを達成しようと踏ん張る必要はありません。

物事はなるようにしかならない、のではなく、

成るように成っているのです。

全ては善でも悪でもなく、

全ては寸分もたがわず完璧な姿で現れ、

全てはワンネスそのものです。

ワンネス以外のものは、

何一つとして存在しません。

ノンデュアリティーの中にくつろいでいたい。

至福のひとときはすぐ手の届くところにいつもある。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.

エッセイ・随筆ランキング






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

永遠に変わらない幸福

次の記事

パワーをお届けします