Mind would not become strong・心は強くならない

Hello! Everyone. Today, I wrote what I just came up with. We encounter various difficulties in our life. Some people get over soon, others worry about difficulties for a long time. Physical disease and injury or psychic painful happening might be a serious matter or a trivial matter because they are different for different people. You must not be influenced by other’s word “Don’t be discouraged at such a trivial thing.” Mind would not become strong.

みなさま、こんにちは! 今日はなんとなく頭に浮かんだことを書いてみました。生きているといろんな困難にぶち当たります。すぐに立ち直る人もいれば、なかなか立ち直れずに長い期間落ち込む人もいます。身体的な怪我や病気、精神的にショックな出来事などは、その人の受け止め方や感じ方によって、一大事であったり、ささいな出来事であったりします。人に「こんなことでくじけちゃダメ」と言われても、他人の言葉に感化されてはいけません。心は強くならないのですから。

こころは強くならない

こころというのは強くならない。
だから、こころを鍛えるなんて無理。
ありのままの自分を許してあげよう。
同じ困難でも
耐えられる人と
耐えられない人がいる。
だからと言って
耐えられる人に
耐えられない人を
責める権利はない。
こころは強くならないけれど、
柔軟なこころでありたい。
衝撃を吸収するスポンジのように。
生きていると、
困難は絶え間なくやってくる。
逃げてもいい事からは逃げることだ。
スポンジのような吸収力で
困難をキャッチして、
ポトリと下におとしてもよい。
アメンボのように
スイスイと生き抜いていきたい。

 

こころのネットワーク

自分と他人を区別するのが人間界。
だから共存していることが分からなくなる。
自己中心的になる。
自分の立場が危うくなると
困っている人を見て見ぬふりをする。
足に怪我をすると、
手や、他の体の部分は
私は怪我もなく大丈夫、足とは関係ない、
と言うだろうか?
みんなが互いに誰かの恩恵を受けているように
一人の苦しみはみんなの苦しみ。
日頃使っているものを見てみる。
ほとんど自分で作ったものはない。
私達は誰かのおかげで生きているのだ。
そう、一度も会ったことのない人の恩恵を受けて。
目にみえないネットワークに感謝。

 

捨てて、捨てて、捨てる

歳を取るといろんなことに執着しなくなる。
人は、人生行路の後半になると、
いろんなものを捨てる。
いや、捨てざるを得ない。
女も男も美貌を捨てる。
誰しも、体力が衰え、
仕事も定年を迎える。
取り戻せない物への
執着を捨てていくのだ。
最後に残るのは何だろう?
何にも執着していないということだ。
そうあってほしい。
ふり向くと
足跡の隣に執着の残骸が見えるだろう。

 

Mind would not become strong
you couldn’t make your mind strong.
so, it is useless to train your mind.
Let’s forgive yourself as you are now.
Even though it is the same difficulties,
some can stand it, others not.
It doesn’t mean that
a preserving person has the right
to criticize a person
who cannot stand the same difficulties.
Mind would not become strong.
But I want to have a flexible mind.
Like a sponge that absorb shocks.
Difficulties come one after another in life.
Run away from it if you can.
with absorptive power like a sponge,
catch difficulties, and drop it softly.
I want to live easily like a pond skater.

 

Network of minds

We distinguish ourselves from others.
It is the human world.
So, we become unable to understand
the fact we live together.
we become selfish.
When our position are in crisis,
we pretend not to see a person who is in trouble.
When you get your leg hurt,
will your hands or other parts of your body say
”we are not injured, we have nothing to do with a leg.”?
As we all get the benefits of others,
one person’s pain is everybody’s pain.
Look at the things we use every day.
Almost of all are not things we made by ourselves.
We live under the shadow with somebody else.
Yes, somebody is a person we have never met.
Let’s appreciate invisible network.

 

 chuck and chuck and chuck!

we come to abandon adherence to many things
with advancing years.
In the latter half of our life,
we give up various things.
No, we have to give up them.
Both women and men give up their good looks.
Everybody doesn’t have as much energy
as he or she used to.
Everybody is forced to retired.
We abandon things we couldn’t get back.
What will be the last one in life?
It is the fact that we are not attached to anything.
That is the way I like it to be.
When I turn around,
I shall see the wreck of adherence next to my footprints.

最後まで読んでくださってありがとうございます。
Thank you for reading my blog through to the end.

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。
↓ Please click here. Thank you very much for your continuous support.


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA