金運アップパワースポット IN 広島

みなさま、こんにちは! 今日は、広島の強烈なパワースポットを紹介します。その名も、空鞘稲生神社(そらさやいなおじんじゃ)です。「稲」という文字が入っています。これは、五穀の神様の象徴だそうですよ。食べ物は人間の命をつなぐ大切な物です。豊かな人生を送れるようにパワーを頂ける神社です。

富をもたらす神社

昔から富をもたらす神社として厚い信仰を集めています。商売繁盛・金運・財運向上のご利益があると言われています。境内には恵比寿神社・幸神社・稲荷神社の三つ社があります。参拝される際には三つ全部お参りしましょう。商売繁盛、開運、夫婦和合、子孫繁栄、五穀豊穣などのご利益がいただけます。宝くじを買う人もよく参拝されると聞いています。

 

空鞘稲生神社の御祭神

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、宇気母智神(うけもちのかみ)、和久産巣日神(わくむすひのかみ)の三神様がお祭りしてあります。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)は、日本書紀では倉稲魂(うかのみたま)と書かれており「お稲荷さん」のことです。総本山は京都の伏見稲荷大社で、商売繁盛で有名な神様です。空鞘稲生神社では11月14日に恵比寿神社の「えびす祭」が行われます。えびす大黒が二つ並んでいる「福かき熊手」は飛ぶように売れているそうですよ。ネットビジネスを計画中、または、すでに初めている方は、是非購入されることをお勧めします。宇気母智神(うけもちのかみ)には面白い神話があります。天照大神が月夜見尊に葦原中国にいる宇気母智神を見てくるように命じ、月夜見尊が宇気母智神に会いに行くと、宇気母智神は陸を向いて口から米飯を吐き出し、海を向いて口から魚を吐き出し、山を向いて口から獣を吐き出して月夜見尊をもてなしたと言われています。月夜見尊は「口から吐いたものなんか食べられるか!」と言って怒り、宇気母智神を切ってしまったのです。それを聞いて天照大神が怒って、月夜見尊とはもう会いたくないと言い、太陽と月が昼と夜とに分かれて出るようになったと言われています。要するに、宇気母智神は食べ物の神様ということです。私達は食べ物からいろんな栄養分を取って食べていますが、食べ物の「気」も取っています。この神社には、「気」とかかれたお守りもあって、健康や長寿を願う人々に人気の高いお守りです。和久産巣日神(わくむすひのかみ)はオシッコから生まれた神様です。古事記にでてくるお話しはとても面白いですね。伊邪那美(いざなみ)が火神・火之迦具土神(ひのかぐつち)に陰部を焼かれて病みふした時、尿から二人の神様が出現したと言われています。一人は、弥都波能売神(みつはのめのかみ)で、もう一人が、和久産巣日神(わくむすひのかみ)だったというのです。尿、すなわち、水は、農耕で豊穣をもたらす生産の神の象徴であり、有益な肥料のイメージとも結びついています。商売をしている人にとって、よいアイディアを生み出すことができるようにお祈りするのもいいですね。

本殿

ピカピカでとても綺麗な神社です。大きな木からは神様のパワーがドバドバ出ている気がします。大木に手を当てると全身が暖かくなります。邪気が払われて神聖な気を頂けますよ。私が参拝した時は、ちょうどお宮参りがあって、太鼓の音や祝詞が聞こえてきました。ラッキー! 本殿にお参りして、「どうぞ私にピッタリの言葉をください」とお願いしてからおみくじを引くと、びっくりするほど納得するおみくじを引くことができました。早速そのおみくじの写真を撮って毎日それを読み、きたるべき良い未来と、何よりも今の幸せに感謝しています。

アクセス

〒730-0802 広島県広島市中区本川町3-3-2

TEL   082-231-4476

市内電車 「本川町駅」から北へ徒歩約5分

市内電車 「寺町駅」から東へ徒歩約5分

「平和記念公園」から北西へ徒歩約10分

機が熟するのを待つ

物事はなかなか自分の思うようになりません。神様の計画があるのか、自分が焦り過ぎているのか、遅々として成果が出ない時があります。自分の力ではどうにもならないこともたくさんありますよね。そんな時は、自然の流れに任せて、つまり、神仏に任せて、努力を怠らずに、今、目の前にある仕事をコツコツとこなしていくしかないのです。そして、苦難の対策法としては、今この瞬間に、今使っている物に、今の自分にできることに、今目の前にある豊かな恵みに感謝するのが一番の対策です。「今」という貴重な時間を大切にできない人には、次のステップはやって来ません。今、着ている服、今食べている物、今住んでいる家に文句を言っているあいだは、新しい良いものは手に入りません。物にも魂があると思うんです。ありがとう、と言って大切に使っていると不思議と長持ちするものです。長持ちしない場合は、もっと素敵なものが神様から送られてくるかもしれません。二度とやってこない「今この瞬間」を大切に生き抜いていきたいものです。

いつも読んでくださってありがとうございます。また有名な場所を発見したら記事をかきますね。これからもどうぞよろしくお願いします。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA