スピリチュアルな存在を信じる

みなさま、こんにちは! みなさまはスピリチュアルな存在を信じていますか? 私は信じています。ネットの中に面白い記事を見つけました。ZUUonlineに載っていました。水野俊尚氏の著書『成功する人は、なぜリッツ・カールトンで打ち合わせするのか?~あなたを超一流にする40の絶対ルール~』の中に、成功者の多くはスピリチュアルな存在を信じている、という内容があるそうです。読んだことはないのですが、そうかもしれないなぁ、と思いました。

未来は誰にも分からない

株などはある程度予測できるかもしれませんが、未来に起こることの大半は予測することができません。私達の直観が優れていたら、未来に起こる危険を回避することができるかもしれません。さらに、未来の幸運をゲットできるかもしれません。特にピンチになった時、人間の持つ神秘のアンテナが作動して急ピッチで助かる方法を膨大な資料の中から探し出してくれるような気がするのです。以前、このブログの『奇跡の話』に書いたように、お金に困り果てた時に頭にひらめいたことが私の未来を助けることになったわけです。本当に窮すれば通じる、という言葉は当たっているかもしれません。

手相

これは私の左の手のひらのイラストです。親指の関節のところが輪のようになっています。これを仏眼というそうです。どうやら霊感が強いそうですよ。感情線と頭脳線の間にある十字も先祖の助けをもらえる印だそうです。どちらも両手にあります。非常に珍しい手相らしいです。

二度死にかかったことがある

私がまだ小学生だったころ、海水浴に行って海底に足をつけて歩いていたところ、深みにはまってしまい、危うく溺れて死ぬところでした。運よくゴムボートが私のすぐ近くを通り、ボートに乗っていた人が私を引き上げてくれました。あのボートがいなかったら死んでいたと思います。息ができないって本当に恐ろしいです。もうひとつの体験は、中一のときでした。原因不明の肝臓病になってしまい、眼球の白いところが黄金色になってしまいました。物凄い黄疸で、汗もまっ黄色でした。ドクターや家族から私には情報が入らないようにしてあったようですが、入院した時、あと一週間の命だと言われたとのこと。しかし、奇跡的に回復し、普通の生活ができるようになりました。あの時は、子どもながら周囲の異変にそれとなく気づいていました。隔離室に入れられ、物々しいオーラが流れていましたからね。「私、死ぬの?」と母によく聞いたのを思い出します。無事に退院したのはいいけど、中学生になってすぐに入院したわけですから、中学生になって始まる数学と英語が全く分からない状態になってしまいました。今になって思うのですが、一年遅らせればよかったと思います。クラスメートからノートを借りて一所懸命に遅れた学習を取り戻していたのを思い出します。先生は入院中一度も来ることがなく、成績はオール1をつけられてしまいました。まったくひどい話です。中間テストも期末テストも受けてないからオール1だというのです。宿題も何も持ってこなかったくせにね! でも、いい事もありました。私担当のナースが勉強を教えてくれました。優しい人だったなぁ。

サイドブレーキをかけたままアクセルを!

これも命拾いになるのかもしれません。ある日、スーパーの駐車場に車を停めていました。その駐車場は両サイドに大きな柱があって、左右の確認ができにくい場所でした。買い物が終わって車に乗り、さあ、帰ろうと思ってアクセルを踏んだのですが、なぜかサイドブレーキを降ろすのを忘れていて発車しませんでした。普通は体に手順が染みついているから、サイドブレーキを降ろしてからアクセル、となるのですが、不思議にその日はサイドブレーキを降ろすのを忘れていたのです。アクセルを踏んだ瞬間に目の前を猛スピードで車が通過しました。私の車はサイドブレーキのおかげで発車しなかったので事故にならなくてよかったわけです。あのスピードの車が私の運転席側の横っつらに当たっていたら、と思うとぞっとしました。あの時はご先祖様の加護があったのだと思います。

寝る前にアンテナを張る

私は睡眠時間にもっともスピリチュアルなアンテナが発動するように思います。ですから、困ったことや悩みなどがある時は、どんなことで悩んでいるのかを見つめなおして、その問題が解決した時のすがすがしい感覚を、想像上だけでもいいから、ただただ想像して、みせかけだけのすがすがしい気持ちになって眠ることにしています。例えば、よーし、これが終わったら東京に旅行に行くぞ、などと考えてウキウキした気分をちょっとだけ味わうのです。宇宙が一つの組織であるとしたら、人間の体みたいに助け船がでるのではないでしょうか? 怪我をしたら、血小板が怪我を治しに来てくれるみたいに。潜在意識に張り巡らされたアンテナは万能ですから。

他の力に頼る

なんでもかんでも自分の力で解決しようと思わないで、静かに神様に祈るのもいいかもしれませんよ。人間の力ではどうにもならないことがこの世には山ほどあります。何も努力しないのはダメですが、人事を尽くして天命を待つ、という言葉にあるように、やるだけのことをやってあとは天に任せるのもいいものです。何もやらなかったら後悔しますからね。私が思うのに、いい人生というのは後悔しない人生だと思います。せっかく生まれてきたのですから、思いっきり、良きに付け悪しきに付け、丸ごと人生を味わおうではありませんか? 私は毎年京都に行くのですが、京都に行くと必ずいい事があります。不思議です。もしかしたら、私が勝手に決めているのかもしれません。「京都に行ったら絶対にいい事がある!」と。

なんだか、とりとめもなく書いてしまいましたが、みなさまも、自分だけのパワースポットを決めてみてはいかがでしょうか?

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA