最近やめたこと

みなさま、こんにちは!

🌹 最近やめたこと 🌹

知る人ぞ知る! 昨日2019年2月20日にビットコインがまたもや大暴落しました。やっと40万円を超えて、順調に上がっていたのに、約2万円も急激に暴落してしまいました。今日は2月21日ですが、まだ38万円代のままです。ここらで目を覚まさないといけませんね。そう思って、仮想通貨の取引所からお金を引き上げることにしました。損害は全部で約3000円くらいでした。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

私の場合は、数十万とか数百万のお金でトレードしていたわけではないので、3000円くらいの被害で済みました。

仮想通貨のダメなところは、送金や決済に便利だという良い噂が流れているにも関わらず、レートに反映されないところです。株だったら、すぐにレートがあがるのに、仮想通貨は、わけが分からないまま、レートが物凄い勢いで上下します。ある程度ロウソク足で予測できると思っていましたが、今回、いきなり、しかも、あっという間(わずか5分くらいだったか?)に、一万円以上がガーッと下がりました。数百万円のお金でビットコインを買っていた人は数十万円の損害を出したわけです。

トレードは、人生の選択にもいていますね。どこで初めて、どこで止めるか、またどこで諦めるか、決断力を最大限に働かせないと大損をします。ネットで読んだことが当たっています。「損切り」という言葉を聞いたことがありますか? 1000円の損害が出ている時、さらに、2000円の損害になるまで放置しないで、1000円の損害でやめておく、というのが損切です。しかし、人間とは弱いもので、1000円の損害が出た時に、もう少し待っていたら、500円の損害ですむくらいにレートが回復するかもしれない、と思ってつい待ってしまうのです。その待っている間に、2000円、3000円と損害が膨らんでいきます。逆に、1000円の儲けが出たら、損をしないうちに、早めに売って円にしてしまうわけです。

損害が出たら焦りますよね。でも、1000円の損害ですんだ、と思うか、1000円も負けてしまった、と思うか、人それぞれです。まあ、私の場合はランチ代くらいの損害だから、ポジティブに考えることができますよね。大金だったらすごいショックでしょう。

たとえ、もう少し待っていたら、回復して、500円の損害ですんでいたとしても、損切する勇気をもってないと、大変なことになりそうです。

<今日の絵>

今日は青い目の赤ちゃんを描いてみました。顔にふくらみを持たせて、ホリの深い感じを出すのに少しばかりの努力をしてみました。前の赤ちゃんよりも少し赤ちゃんぽくなりました。レイヤーの使い方に慣れていないので、苦労します。今日のバックはエアブラシを使ってみました。一本のアップルペンシルが無限の色とラインを描いてくれます。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

赤ちゃんの顔

次の記事

心の断捨離