自由に使える1,000,000円があったら何に使いますか?

皆様こんにちは!

今日は面白い記事を見つけたのでそれを紹介したいと思います。ブルームバーグニュースに乗っていた記事です。タイトルが、Where to Invest $10,000 Right Now となっていました。投資の技術を身に付けて、狙いを定めた会社に投資するのもいいですね。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

By Suzanne Woolley

June 20, 2016 | Updated on January 14, 2019

Investors can be forgiven for thinking that their mattress—or maybe a money-market fund—isn’t such a bad place to stash cash. Global trade tensions and White House turmoil helped fuel market jitters in the year’s final quarter, when the S&P 500 tumbled 14 percent from its September high. For the year, the index closed down 4.4 percent.

投資家は、自分のマットレス、あるいはマネーマーケットファンドが、現金を隠すのにそれほど悪い場所ではないと考えているのかもしれません。S&P 500が9月の最高値から14%下落した今年の最終四半期には、世界的な貿易の緊張とホワイトハウスの混乱が燃料市場の混乱を助けました。今年の指数は4.4%下落しました。

Retreating from a volatile market into cash, though, is a famously losing strategy. Investors who try to time the market often miss out on sharp gains that can follow down periods. Those who maintain a discipline in how they approach the markets, meanwhile, can pounce on promising stocks at lower valuations and potentially profit from others’ panic.

しかし、変動の激しい市場から現金への後退は、周知のとおり、戦略を失うことです。市場のタイミングを取ろうとする投資家は、期間を追うことができる急激な上昇を見逃すことがよくあります。その一方で、市場へのアプローチ方法に規律を維持している人たちは、より低い評価で有望な株に追いつき、潜在的に他人のパニックから利益を得ることができます。

Those coolheaded investors are the type of experts who share their views with Bloomberg each quarter, and true to form, our six panelists—while some still sound defensive notes—see promising pockets of opportunity around the globe. These money managers see potential homes for a $10,000 windfall in industries as diverse as oil and European banks, as well as in battered-down areas ranging from the U.S. to emerging markets.

これらの冷静な投資家は、四半期ごとにブルームバーグと意見を共有するタイプの専門家であり、私たちの6人のパネリストは – 確かに防衛的な注意を払う一方で – 世界中で有望なチャンスのポケットを見ています。これらのマネーマネジャーは、石油やヨーロッパの銀行と同様に多様な産業、ならびに米国から新興市場に至るまでの荒廃した地域で、1万ドル規模の投資が見込まれると考えています。

The recent market swings are a good reminder to start the year with a portfolio checkup. Are you diversified across different industries, asset classes and geographies? Do you have at least three months of expenses socked away in safe investments in an emergency fund? Take a look at “The Seven Habits of Highly Effective Investors” for ideas on how to make sure your portfolio enters 2019 in good shape.

最近の市場の変動は、ポートフォリオのチェックで年を始めるための良いリマインダーです。あなたはさまざまな業界、資産クラス、地域によって分類して考えていますか? 緊急資金への安全な投資のために少なくとも3ヶ月の余裕がありますか? 2019年の投資を良いものにするために、「非常に効果的な投資家の7つの習慣」を見てみましょう。

Many of the ideas presented by our experts are at work in the mutual funds or investment portfolios they manage. Bloomberg Intelligence ETF analyst Eric Balchunas highlights exchange-traded funds (ETFs) as a rough way to invest around those ideas, and tallies up how his ETF plays performed last quarter.

当社の専門家によって提示されたアイデアの多くは、彼らが管理する投資信託または投資ポートフォリオで機能しています。ブルームバーグインテリジェンスのETFアナリスト、Eric Balchunas氏は、これらのアイデアに投資するための大まかな方法​​として、上場投資信託(ETF)を取り上げ、ETFのプレーが前四半期にどのように行われたかを集計します。

Filtering out market noise is hard. That’s where our experts can help with solid investing ideas, along with well-reasoned reminders, such as that from panelist Joe Davis of Vanguard to simply “stay calm and carry on.”

市場のノイズを除去するのは困難です。そこで、私たちのエキスパートがしっかりとした投資のアイデアを手助けすることができます。それに、VanguardのパネリストJoe Davisによる「落ち着いて続けていく」という、とても説得力のあるリマインダーもあります。

<感想>

今年は仮想通貨の値動きを見ていますが、記事にあるようにパニックになっている人をエサに儲けている人がいるように思います。値段が下がると思いっきりパニックになります。でも、結局、もう少し待っていたら回復したのに、と思って損切したことを後悔したりするんですよ。最近、板情報やローソク足をじっくりと、穴があくほど、見ていたら、勝率があがりました。というか、勝てそうな時しかトレードしなくなりました。

仮想通貨の値動きに慣れてきたら、株を始めようかと思っています。思っているだけで終わるかもしれませんが、、、、今、「株の入門書」という本を読んでいます。今からは伸びる会社と落ち込む会社が真っ二つに分かれそうです。情報を集めなければ!

今日はビットコインで5円稼ぎました。運がいい時は、9000円くらい稼げる時があるんですよ。仮想通貨のロウソク足が株のロウソク足に役立つかどうかは疑問ですが、似たようなところがあるのではないか、と思っています。仮想通貨は値動きがメッチャ早いので、どのようなチャートになったらどのような値動きをするのか板情報と併せて勉強しています。

タイトルにあるように、私だったら、1,000,000円を投資に使いたいです。

<今日の絵>

レイヤーを多めに使って、下書きやいろんな色や線に利用してみました。一本のペンが何万本ものペンに早変わり! なんという時代なんでしょうね。クレヨンも筆も鉛筆も消しゴムも必要ありません。もっといろんな機能を使って素敵な絵が描けたらいいなぁ、と思っています。メディバンペイントって、ほんとにすごいです!

 



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ザ・チャレンジ