「今」に生きる

地球上に存在する生き物はすべて「今」この瞬間にしか生きることができません。過去を作り直す事も、将来を決定づけることもできないのです。すべてのパワーは「今」の中にあります。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

今日は、庭に咲いている花を見て、自分が今、生きていることを、なんだか「絵」のように感じました。不思議です。今、この花を見ているのは私だけで、この花は私に見つめられていることに気づいてなくて、「今」この瞬間に同時に存在している。

花はそこに咲いているだけで動けないけれど、私は飛行機に乗れば地球の裏側にだって行ける。だけど、花も私という存在も、神様から見たら、同じように「そこから動けない」存在なんだろうな、と思ったりする。

時々、死んだらどうなるのかなぁ、と考える時がありません? 特に死んでしまうような大病をしているわけではありませんが、魂とか、天国とか、お浄土とかに興味があります。私が思うのに、人間界では、自分と他人の区別があるけれど、死んだら自分と他人の区別がなくなるんじゃないかなぁ、と思います。海の中に水をこぼしたみたいに、どこからどこまでが自分で、どこからが他人になるのか区別できない世界かな、と想像しています。

亡くなった父は、膨大な意識の一部になって、そこらじゅうに存在しているように思います。ある時は、風になり、またある時は、雨になり、時には蝶々になったりして、自由自在に意識のパワーで好きなところに好きな時に好きな姿で存在し続けているのかもしれません。

でもね、生きていた時の記憶が脳の死と同時に消えてしまうのは悲しいと思います。肉体は死んでも、記憶は膨大な潜在意識の中で生きていてほしい。

決断に困った時は、心を静めて、何も考えずに、誰にも相談せず、天や星や風に耳を澄ませば、体にしみこむみたいにスーッといい考えが浮かぶ時があるのです。実際に、パーッと目の前が開けるみたいに一瞬のうちに問題が解決したことがあります。

何かを決めよう、または、何かを決めたい、と思った時には、美しいものや自然を静かに見つめてください。きっといい考えが浮かんできます。

↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA