広島風お好み焼き

広島風お好み焼きの決定版!
フライパンでできる広島風お好み焼き! 鉄板だと片づけが大変です。手軽にできて、お肉タップリのお好み焼きを家庭で楽しみましょう。今日は、そば肉玉のお好み焼きを紹介したいと思います。好みによって、イカ天やエビ、餅、チーズなども入れてみてくださ
い。

英語で読みたい方はこちらからどうぞ(English)良かったらアップボウトしてくださいね → https://steemit.com/hiroshimahuokonomiyaki/@sakurasui/simple-cooking-no2




↓ いつもクリックしてくださってありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

<材料>




<作り方>

①キャベツを1~2ミリの千切りにして、モヤシを洗い、水切りなどに入れて乾かしておく。フライパンを二つ用意する。

②フライパンにサラダ油を入れてよく熱してから、小麦粉を水で溶いたものを入れる。

③フライパンを手に取り軽くゆすると小麦粉の生地がフライパンの上でガサガサと動き、フライパンにくっついていないことを確認する。小麦粉生地の上にキャベツ、モヤシ、豚スライスの順に置く。

④豚スライスの上に小麦粉を水で溶いたものを適度に垂らす。

⑤小麦粉生地がパリパリになるまで焼き続ける。隅っこの部分が焦げてきて、わずかにクルッと上にめくれてくるまで焼く。その間に、もう1つのフライパンでそばを焼いておく。そばには魚粉を絡めながら焼く。

⑥焼いたそばは一旦お皿にとっておく。小麦粉生地がよく焼けたのを確認したらフライ返しでひっくり返し、豚スライス側を下にしてよく焼く。うまくひっくり返すためのコツは、フライ返しを小麦粉生地の下に突っ込んだまま、左手に持ったフライパンを高くかかげ、フライパンを一気に引き下げると同時にフライ返しを持った右手のひっくり返す動きを最小限にして素早くひっくり返すこと。ここでうまくいかなければ、生地が裂け、キャベツ、モヤシ、肉が飛び散り、大惨事となる。初心者の方はキャベツやモヤシの量を少なくしてやってください。

⑦豚スライスがカリカリになるまで焼く。時々、下にフライ返しを突っ込んで、肉の焼け具合を確認する。コツは、焦らないこと。その間に卵をお皿に割って入れ、白身と黄身の区別がなくなるまでよくかき混ぜておく。肉のカリカリ感が出て、フライパンを軽く揺すると、ガサガサと動く程度になった時点で次のステップにいく。そばを焼いたもう1つのフライパンにサラダ油を入れて熱くなったら卵を落とし、フライパンいっぱいに広げる。道具を使わないで、フライパンをこまめに動かす事によって、卵をきれいに広げること。次に、広がった卵の上にお皿にとっておいたそばをのせる。

⑧生地、キャベツ、モヤシ、豚スライスが入っているフライパンを、卵とそばを焼いているフライパンの上空にもってきてスライドさせ、合体させる。

⑨合体させた後は即座にお皿に盛る。この時、フライ返しを使わないで、フライパンの上空にお皿を持ってきて、フライパンをお皿の上にかぶせるようにして一気にお皿に移す。フライパンの中のお好み焼きがお皿の上でひっくり返った形で盛られる。

⑩トッピングにおたふくソース、マヨネーズ、青のりの順に乗せたら出来上がり。マヨネーズは、ポリラップに包んでつまようじで一か所だけ穴をあけ、絞り出せばきれいな飾りになります。サランラップだとうまくいきません。


エッセイ・随筆ランキング





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA