イジメのターゲットにならない生き方

スル―して生きる

生きていると、腹が立つことが多い。
職場で、家庭で、ご近所で、
イヤな人はいっぱいいる。
愛別離苦は人生につきもの。
イヤな人のために、いつも腹を立てていたら
身がもたない。
いつも、挑発に乗っていたら、争いは永遠に続く。
しつこい輩のしつこい嫌がらせはスル―することだ。
そんな人を相手に、いつも嫌がらに反応を示していると、
食い物にされてしまう。相手の思うツボだ。
攻撃を受けたら、スル―するのが一番の仕返しになる。
相手がどんなに頑張って挑発しても、
こちらは何の反応も示さないのだから、
ヤツラにとってイジメ甲斐がないのだ。
こういう輩は、次々とイジメ甲斐のあるターゲットを
探して、永遠に面白くない人生を歩む。
こんな哀れな人達にかまっている暇はない。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

パーソナリティー障害の集団

人の物は自分の物。自分の物も自分の物。
自分だけが一番えらい。他人は全員外道。
こんな考え方の集団がまだどこの世界にもある。
脅迫してでも、偽造書類を作ってでも、
ほしいものは他人からむしり取る人達。
警察の助けもなく泣き寝入りする善良な市民。
警察も助けてくれないのなら、
自分で自分を助けるしかない。
弁護士を雇って争うと必ず勝てる。
しかし、勝った後、命が危うくなる。
下手な行動は慎むべきだ。
物にもよるが、失った物に執着しないこと
をお勧めしたい。
お金がかかり損をするが、
代用できるものを利用することだ。
貧乏な一般庶民はいつも我慢を強いられる。
このような外道集団は必ず大きなしっぺい返しを受けることになる。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

弱い犬ほどよく吠える

大声で人を恫喝したり、鬼瓦のような顔で人を睨み付ける人。
男でも女でも、派手な服を着てアクセサリーでジャラジャラと飾りまくる人。
ガキ大将のように、いつも子分めいた人を何人もつれている人。
車で移動中、ガンガンにロックミュージックをかけて運転する人。
派手に道路に唾を吐きながら、ガニ股で歩く人。
このような人達をよーく観察してみよう。
もっと声の大きな人やお金持ちの前にでると、小さくなる。
みんなで同じ格好をしなければならない事態になると、青ざめる。
一人になると、しゅんとしている。
強そうな人の前に出ると、ウチ股になる。
要するに、弱い犬ほどよく吠えるのである。
このような輩は、女、子供、障害者、年寄りなど、
弱い人を攻撃するのだ。
地球上に存在してはいけない最低の生き物だ。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません

害虫から心を守る

職場でも学校でも、害虫のような人がいる。
感情に任せて息もつけないほど叫び声で怒りまくる人。
理不尽なやり方で、ひとりだけを攻撃する人。
一人だけを徹底的にシカトする人。
こんな人が上司なら、その職場を辞めるべし!
学校なら転校するべし!
自分と同じ立場や地位の人なら、無視するのが一番。
そんな人に対抗意識を燃やすのは馬鹿げている。
言い返して説き伏せようとするのは無駄だ。
常識を教えてあげようとしてもダメだ。

そんな人は、石か砂と同じだと思ったらよい。
脳味噌がないのだから、考えることができないのだ。
いや、石や砂は、人間の役に立つから、
それでは、石や砂に失礼だ。
ウンコだと思ったらよい。

 

↓ いつもクリックありがとうございます。応援してください。


エッセイ・随筆ランキング

★ 頑張ってブログやサイトを作っていると半年後に素敵なことが起こるかもしれません



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

単細胞人間になる